・展覧会リーフレット Flyer(PDF)
・会場写真 Photo


• 大垣から世界へ / 日本国際ポスター美術館 副館長 堀冨士夫
• From Ogaki to the World / Fujio Hori : Junior Director Ogaki Poster Museum, Japan

• 世界からポスターでお祝い / 日本国際ポスター美術館 ディレクター 加藤由朗
• World Celebrates with Posters / Yoshiro Kato : Director Ogaki Poster Museum, Japan


大垣から世界へ

日本国際ポスター美術館は本年で20周年を迎えます。隔年で開催してまいりました大垣国際招待ポスター展も今年で第10回となりました。世界のトップアーティストと絆を紡ぎ、育てていただいたおかげで所蔵アートポスターも1万点を超えました。

地域での美術館運営は厳しいものがあります。残念なことに同時期に開館した名古屋ボストン美術館は来春閉鎖するとのことです。そんな中、日本の小さな地域都市でありながら本館が今日あるのは、地域の企業や大垣市、青年団体(OJB)、市民のみなさまの惜しみないご支援ご協力、かつ美術館スタッフ・メンバーの献身的な熱意の賜物と感謝する次第です。その間、スタッフ・メンバーから大学教授3名や若き学芸員も育ちました。本年度は岐阜県の認定NPOの認証手続きを進めています。

From Ogaki to the World

The Ogaki Poster Museum, Japan is celebrating the 20th anniversary this year, and this is the 10th exhibition of international and invitational show with the opening of every other year. We have spun the bond with the world top artists and now possess over 10 thousand posters with us thanks to them.

The management of art museum has been quite stern in this area. There is an example of Boston Museum in Nagoya City that opened in the same year as ours is now closing in the spring of next year. In such a circumstance Ogaki, a small town, has received a devoted enthusiasm of local enterprises, a group of young businessmen, generous support of Ogaki citizens and museum staffs. Also we have produced three university professors plus young curators from the staff members. Now we are proceeding with the certification of Gifu prefecture based NPO.

ただ、ポスター美術館として収集・保管・展示・研究の機能充実をはかることはもとより、ロートレック、シェレ、ミュシャなど世紀末ポスターも含め1万点の集積を果たしたことは、ポスター文化の受発信拠点として意義あることと自負する一方、この大垣の地にとって何かが足らない思いを抱いておりました。さいわい当美術館のある岐阜県大垣市で400年間地域の人々が一体となり、営なみを続けてきた『大垣まつり』が本年11月29日に「山・鉾・屋台行事」としてユネスコ無形文化遺産への登録が決まりました。これを機に「大垣まつり」を世界の文化遺産にとの願いから、「大垣まつりポスター」作成を思い至りました。

私たちは、ポスターは視覚言語であり、言語や文化の壁を超越し、豊かな地域文化や個性を表象する『紙』に印刷されたアートと位置づけ、ポスターの魅力をこの美術館から世界に発信したい、という強い思いで美術館活動を続けています。今回その思いを具体的に実現するため「大垣まつり」をテーマに、世界のアーティストにデザインをお願いしたところ、27名の方々にご協力をいただくことができました。

We have done our utmost for the functional improvement of collection, safekeeping, display, and study as a poster museum, and accumulated more than 10,000 masterpieces including Lautrec, Chéret, and Musha, that are the artists featuring the end of the century. We are confident this is very significant as a base station of dispatch and reception of poster art. We yet simultaneously have wondered what are short for the site of Ogaki. Fortunately the local people are united in the city of Ogaki of Gifu prefecture with the history of 400 years of Ogaki Festival which will be registered as one of the UNESCO Intangible Cultural Heritages as of November 29 this year specialized as an event of floats, halberds, and street wagons. We wanted to stress the significance of Ogaki Festival as a world cultural heritage and promote it to a poster show.

The poster is “visual language” and evaluated as the art that transcends the wall of language and culture and is printed on the “paper” which symbolizes the rich local culture and originality. We earnestly wish to continue the activities of museum to send the world the charm of posters from this museum. As we asked the designers in the world to pursue this theme of Ogaki Festival in full context, 27 accepted and sent posters.


(c)美濃市教育委員会 Board of education in Mino City

いただいたデータを本美濃紙(美濃市・手漉き和紙技術 2014年ユネスコ無形文化遺産に登録)にシルクスクリーン技術(日本では郡上八幡が発祥の地)を駆使して一枚いちまい心を込めて印刷していただいたところ、微妙に透け感のある本美濃紙に印刷された大垣まつりポスターは生きもののように鮮やかに個性的な姿で次々紙上に浮かび上がり、感動いたしました。アーティストのみなさまにご賛同いただき、大垣から世界に発信できること、またこれからも世界への広がりを目指せることに大きな喜びを感じております。

We had all the presented designs printed on the Genuine Mino Paper (hand-made paper created in Mino City and registered as a UNESCO Intangible Cultural Heritage in 2014) individually and heartily utilizing the silkscreen method that is said to have been invented in the City of Gujo of Gifu Prefecture. The quality of print on the genuine paper with fine translucency was so vivid and original like a living creature and as impressive as floating on the paper. It is our greatest pleasure to have the big support from many artists, to dispatch the theme to the world, and to expand further our activities to the globe.

今回「大垣まつり」という地域文化を多様な価値観や個性で世界のアーティストの方々に自由に表現していただき、それを本美濃紙にシルクスクリーン技術で印刷することで、地域の特性を加味した一味違うポスターの魅力を感じていただければ、私たちの大きな喜びです。今後もいっそうポスター文化の発展に貢献し、大垣の地から世界に発信していきたいと願っています。お力添えをお願い申し上げます。

日本国際ポスター美術館 副館長
堀冨士夫

With a variety of designers in the world who have widely expressed the culture of locality of Ogaki Festival in many senses of values and originalities and with the addition of particular printing method of silkscreen on Genuine Mino Paper, we now feel you will be able to enjoy the charm of posters in a slight different flavor. We would like to contribute to the poster art more and to send messages from this place of Ogaki. We expect to have your further cooperation for future.

With my best regards and wishes.

Fujio Hori
Junior Director Ogaki Poster Museum, Japan