Alphonse Mucha(1860-1939)
アルフォンス・ミュシャ
"Dame aux camelias"
(1898)

1860年チェコのモラヴィア地方イヴァンチッツェに生まれる。1894年12月、サラ・ベルナールのポスター制作依頼があり、彼はクリスマス期間中に制作し、翌年の1月に街頭に張り出されたポスター『ジスモンダ』によってデビュー、一夜にして有名になった。中央に配された女性は、審美的であり様式化された髪形、モラヴィアの民族衣装などをまとい、そして植物や花を周辺に配置している。このようなミュシャのポスターは、アール・ヌーヴォー様式の影響を受けていた。1895年から1905年にかけてパリで制作されたポスターや装飾作品が彼の代表作であり、それによってアール・ヌーヴォーを代表する作家のひとりになったのである。その後、チェコ、アメリカでの活動、特に『スラブ叙事詩』の大作は、社会的に評価されなかった。